2020年01月25日

゛蘇りの雛びな展 “ 今年も、やります🎵



DSC_2013.JPG
第6回目
今年も、飾ってきました。
よろしくお願いいたします

DSC_1996.JPG
DSC_2003.JPG
DSC_2002.JPG

DSC_2000.JPG
DSC_2004.JPG

DSC_2010.JPG

DSC_1999-6171d.JPG

雅な雛びなを、お楽しみください。

さて

それから、ワークショップも
させて頂きます。

15799387061341262248528088734828.jpg

よろしくお願いいたします💕
ただいま、予約受付中‼️





posted by 小梅 at 16:53| Comment(0) | 紀美野町へようこそ♪*゚ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

紀美野町の秋 文化祭2019


9月から
文化祭の作品作りに
追われてました💦

今年もなんとか、出来ました✨

来年の干支のねずみの嫁入り

大きさは、15cmほどの高さ

だけどこれがなかなか、
繊細なんです。

何度も、間違えては、
また、ほどいて、
やり直す。

やっと、飾り付け
してきました。
中央公民館
11月2日~4日まで。

先生の作品
嫁入り行列
お嫁さん…
仲人さんや、女の子たちもいますよ
もちろん、お道具も運んでます。

DSC_1740.JPG
一針、一針
努力が、見える。

DSC_1743-1d661.JPG
生徒さんの思いも入ってます✨

DSC_1746.JPG
            ↑
私の作品は、こちら
あと4点ほど、出してます。


DSC_1755-d5545.JPG

かわいいねずみのお人形
これも、先生の作品

となりのブースでは、
木掘りの作品と
パッチワークの作品が
並んでます。

DSC_1749.JPG
作品が生きてます

DSC_1747.JPG
パッチワークの緻密なこと
驚きます❇️


DSC_1748.JPG
文化祭を飾り付けしたら
しばらく、早く寝れそうです。

ほっ😌


お近くの方は、良かったら
どうぞ。

さて、今度は、小川の文化祭から
かじか荘の準備に入ります。


ブログランキングに参加しています




文字をポチッと

していただけると嬉しいです。




[[img(https://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv01216097.gif)]]
[https://www.blogmura.com/point/01216097.html?type=image PVアクセスランキング にほんブログ村]
posted by 小梅 at 22:51| Comment(0) | 紀美野町へようこそ♪*゚ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

紀美野散歩 蒲公英工房さんへ

ここは、生石高原中腹
奥佐々

県道180号

蒲公英工房という看板が出てます。
前から、知っていました。

いったい、どんなとこだろうと思っていました。

先日、移住者の先輩から、

フリートークで集まりあるから、
良かったら、行ってみたらと…

そして、これも読んでと一冊の本を
貸してもらいました。

同じ生石高原中腹で、
キルトの先生が、
古民家を綺麗にして、

料理を楽しんだり、キルトの
個展をしたりして、

素敵なことを紹介している
本でした。

イメージ 1


なるほど、生石高原の
土地の植物を上手く使って、

茗荷漬け、茗荷寿司、ハチミツ漬けなど行く前から、そのレシピで

茗荷寿司を作りました。
色も綺麗、美味しくできました。

また、地元産の料理の
レパートリーが増えました。

料理だけでなく、キルトのことや、いろいろと、書いてありました。

当日行かせて頂くと、

素敵な古民家がありました。

わぁ…こんな山奥に、

イベントでもない
なにが始まるのかも
全くわからない中に

さぁ奥へどうぞ~と、

キルトの先生、レギュラーの3名と
ゲスト3名(紹介してくださった移住者先輩と、もう一人の先輩移住者ラジオ館の奥さんと私)で、フリートーク
先生の司会で、始まりました。

こんな風に初対面の人と、
話が弾むなんて、

国内外に仕事で行っている先生のお話と
そこに集まる人々のもちより話なのですが、とても楽しくて、あっという間に
3時間が過ぎました。

おやつに、よもぎの風味を+したほうじ茶と、素朴なお菓子ときなこ、黒に色付けしたタピオカ入りアイスクリームを
頂きました。

繊細なキルト作家の先生のおもてなしに
来て良かったと思いました。

イメージ 2


イメージ 3


春になると、
薄墨桜と白木蓮が素敵で
身内だけで見ているのがもったいないと
キルト展と一緒にしているそうです。
来年もしますと言われていました。

イメージ 4


次回は、ラジオ館さんへ、先生が
アンティークのラジオを見に行きたいと
約束をしていました。
ラベル:和歌山県
posted by 小梅 at 22:10| Comment(0) | 紀美野町へようこそ♪*゚ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする